残念 豊田真由子さま

自民党の豊田真由子さんのニュースには衝撃を受けました。
世間のみなさんも彼女の裏の顔には唖然として、同時にこんな人が政治家をやっていて良いのかという感想をお持ちになったことでしょう。

そもそも日本は政治の仕組みや現状について、きちんと理解されていない方の方が多いと思われます。
国会中継などを見ていても、揚げ足の取り合い、お昼寝をしに来ているようなおじさま議員などなど、これが一般の企業だったらと思うような光景があたりまえのように繰り広げられています。

ニュースでも、国会の本題より、喧嘩のシーンや議員のプライベートの失態を取り上げて報道している状態。
一見衝撃的な話題を取り上げて、普通にニュースを見ているだけでは本題の詳細については知ることができないことも珍しくありません。

今回の豊田議員の話題についても、不倫報道や献金疑惑と議論のレベルは同様です。

ただ、パワハラモラハラはされた本人が自身の生きている価値に疑問をもってしまうほど、深く心を痛める行為です。
しかしすべての報道にいえることではありますが、ニュースで確認できるのはごく一部の事実についてですから、真相についてはわかりません。

被害を訴えている元秘書の方が、本当に被害者であったかどうかについても、わたしたちは確認することはできないのです。

報道は絶対に鵜呑みにしてはいけません。わたしには子どもがふたりおりますが、家庭ではむやみに感想を口にしないことが無難だと感じています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメントの入力は終了しました。